美容」カテゴリーアーカイブ

足の痛みの原因は扁平足が原因かも

足は疲れがたまりやすい場所というのは、誰もが知っていることかもしれませんが、

土踏まず」の状態までは、特に気にかけることありませんよね。

私は仕事柄1日中歩き回ることが多く、特に30何歳になってから足に疲れを感じることがとても多くなりました。

 

足と言っても、太ももからふくらはぎにかけてのむくみや疲労

1日中歩き回ったことでの膝の痛み

 

それから、足の裏!めっちゃ痛い!!

歩くと足の裏が痛くなる方いませんか?

 

原因は扁平足が原因の「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」かもしれません。




足底筋膜炎て?

 

足底筋膜炎、馴染みのない単語ですよね。

「土踏まずのアーチが潰れ、べたっと足の裏が地面に触れてしまうような状態(扁平足)になると、必要以上に足の裏のスジが伸びてしまう」ことにより引き起こされる痛みのことです。

ではなぜ、扁平足になるのでしょうか。

 

扁平足には先天性と後天性がある。

先天性の扁平足は、遺伝か幼児期の「運動が足りなかった」などの生活要因によって、土踏まずがしっかり形成されなかったということ。

後天性の扁平足は、成人に達した段階で発症します。
骨折やじん帯損傷、アキレス腱の疲労などの症状が原因で発生しますが、
その中でも「疲労性」による原因が多いのです。
先天性扁平足よりも治療が困難なケースが多いようです。

後天性扁平足の原因

  1. 筋力の低下
  2. 体重の増加
  3. 自分の足に合わない靴を履いていること

 

筋力の低下と、体重の増加は結びつくことがあるかもしれません。

私のように加齢や普段の運動不足によって筋力が衰え、それなのに急に一日中歩き回れば、足が自分の体重を支えきれなくなるということも考えられます。

それによって足もアーチが崩れ痛くなり、さらに運動不足、体重増加につながることも考えられますね。

悪循環です。

それから、自分の足の形状に合わない靴を履いてしまうこと。

普段気にしない方も多いと思いますが、自分に合わない靴を履けば、一日中歩き回ることが非常に負担になります。ヒールを履く女性はさらに危険です。

扁平足だけでなく、外反母趾や体の歪みにもつながるのです。

自分の足の状態、形状、合う靴の形など、靴の専門店に行くと計測してくれるお店も多いです。シューフィッターがいるお店など調べてみるといいと思います。

テープを貼るだけ手軽な外反母趾用テーピングシール


私も足の形が特殊で、甲薄幅狭なんです。

スニーカーでさえ、自分の足に合うものを探すのに一苦労。

足が疲れやすい、足が痛い、などお悩みの方は是非一度自分に合う靴を探してみてはいかがでしょうか。

リーガル公式通販サイト